教科別暗記方法

勉強の基本は暗記です。

中高生向けに教科別の暗記方法(勉強法)をまとめてみました。

この勉強法は、普通の人向けです。
(学校の英語の勉強時間だけでマスターできるほど頭がいい人は関係がありません。)

★英語

非効率的な暗記方法 : 単語だけを暗記

より良い暗記方法 : 単語は出てきた文ごと暗唱してから暗記

参考 単語は出てきた文ごと暗記が能率的

英語を勉強する目的は、試験のためだけではありません。
今の時代、英語を学ぶという意味は、もっと大きいのです。
あなたの人生で高い収入と良い地位を得ること、
なによりよい友人を増やすためです。

だから非効率的な勉強では目的を達成できません。

普通の人が英語を多少なりとも人生に役立てようと思うなら、以下の方法です。

毎日一時間、自宅で、音読・暗唱・暗記をお勧めします。
中学生は教科書が薄いので、本文1ページ(10文程度)を全部通して暗唱が理想です。
80点主義でだいたいできたら次に進みます。
音読のとき、教科書のCDを用意して、
アメリカ人の正しい発音を聞きながら同じように発声します。
慣れれば30分以内でてきますから、以前のページを復習しましょう。
暗唱できてから、新単語だけ見ないで書けるように練習します。

高校生は教科書が厚くなるので、文単位でいいですから、音読・暗唱・暗記です。
大学入試を突破するには教科書だけでは量的に不足です。
ですから、模試やセンター過去問の英文を同様に音読・暗唱・暗記しましょう。
センター過去問(5年分)の全訳と音声はやる勉の外国のお母さんに用意してあります。
これで英文の量は二倍ほどになります。

中高生の間に効率的に英語を勉強しておけば、
耳目口手知識の基礎ができてしまうので、
社会人になってもそのまま実力を伸ばしていけるようになります。

これをすれば、確実に英語はうまくなります。

私は英語では予習は不要と思います。
予習は時間の無駄となる場合がほとんどだからです。
英語は、復習が重要です。
でも、中には、予習優先主義の先生もおられます。
そういうときは、教科書ガイドの利用をお勧めします。

さらに、英語学習の6つのテクニック もどうぞ。

数学

数学も実は暗記科目です。

そして、数学は他の教科とくらべて暗記項目が一番少ないです。
(ただし数学者がやっている本格的な数学は除きます)

数学の暗記項目は、公式です。
公式の意味が判ったら、暗記(見ないで書けるように)してください。

数学は暗記だけでは不足で、計算練習と文章題の練習が必要です。
英語の音読に当たります。

計算練習は、公式に慣れる練習なので、
学校で与えられた問題集の問題を実際に計算することでOKです。

ただし、計算は途中を省略する暗算をしてはいけません。
丁寧に順序良く計算し一行ずつ検算する習慣をつけます
(問題集の計算問題を全部正解できるぐらいなら、
 暗算を少し取り入れてもいいでしょう)
きれいな字で、素早く、正確に書く練習もします。
これができると、試験のときの検算の能率が向上し高得点となります。

文章題の練習は、時間がかかるので、能率的に勉強するには、
またず詳しい解説が書いてある参考書を用意することです。

文章題を見て少し考えて解けそうなら、解いてみます、
ただし10分とか時間制限をしておきます。

解けそうもない時、時間内に解けない時は、すぐに解答例を見てください
次にすることは、解答例を良く読んで理解することです。
そして、最後にすることは、解答例を見ないで、解答例と同じように自分で解くことです。

数学で暗記するべき項目は、解答例の道筋です。

数学は、積み重ねの教科です。

一つ前の事が理解できないと、先に進むことができなくなる場合があります。
とくに一年生のころの基礎となる分野は何としても理解しなければなりません。

理解のためには、ます、教科書を読むこと、
そして理解できない所に印をつけておき、
先生に易しく丁寧にそこでけ説明してもらうことです。

基礎となる分野を個別に丁寧に教えてもらえるなら、塾にも意味があります。


その他の教科

その他の教科の勉強法の基本は、問題集です。
学校から問題集が推薦されたり配られたりします。

教科書のどこが重要でどこを暗記するべきかを、
あれこれ考えても時間の無駄です。

しかし、重要で暗記するところは、問題集の問題になっています。

効率的勉強法 = 問題集を何周もする

その問題集を何度もやります。
何度もするための方法は、

回答はノートに書く
問題集には、正解したかどうかの ○ と × と日付だけを書き込む

× の問題は何度もやり直す
○ の問題は気が向いたらやり直す

です。

何周もするとは、三周以上のことです。

また、
古文や漢文など、英語と似た性格の教科は、
英語のように、音読・暗唱・暗記をしてください。

理科・化学・物理の計算問題は、
数学と同様の勉強方法を取ります。

心構え

勉強も、スポーツの練習と似たところがあります。
スポーツの上達にはそのスポーツを好きなことが大切です。
勉強も同様です。
その教科が好きなこと、先生を好きになることが近道です。

参考 英語を勉強するときの7つの心構え2

理系の英語とは

暗記カード Yaruben


このブログの人気の投稿

高校生は毎日何時間 勉強して睡眠時間はどれだけがいいか

センター英語h22 ちょっと難しい Even so と Even though の違い

長くて難しい英文例