投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

Prioritize 優先順位をつける方法

Prioritize は、優先順位をつけるという単語(動詞)です。

Priority が、優先順位という名詞です。

世界一の投資家である Warren Buffett (ウォーレン・バフェット)氏から、優先順位をつける方法


"Prioritize Your GoalswithWarren Buffett'sTwo-List System"

「あなたのゴールに優先順位をつける、ウォーレン・バフェット氏の二重リストシステムでダヨ」

詳しく学びたい人は以下のリンクを御覧ください。

英語版日本語翻訳版(こなれた日本語に意訳されています)

お釈迦様の説かれた八正道の一項目に「正念」があります。
私は、「正念」は、「いまするべき仕事に集中する」と解します。
ウォーレン・バフェット氏の優先順位をつける方法は、正念と似ていると思います。

英語は中心から輪が広がるようにイメージして理解する

みなさんご存知のように、
英語と日本語の語順は、逆です。

語順の共通点は、主語が先頭に来ることだけです。

スピードある理解には、英語を聴いて読んでそのままの語順で理解することが必要です。

例文を用意して、どのようにすれば、そのままの語順で理解できるか考えてみましょう。

[例文]

"We will heara recordingof Joyce reading selectionsform Ulysses."

[英語語順のままダヨ訳]

「私たちは、聞くでしょう、録音をダヨ、ジョイスの朗読選集のダヨ、ユリシーズから選び出されたダヨ。」

[正しい日本語語順]

「私たちは、ユリシーズから選び出された、ジョイスの朗読選集の、録音を、聞くでしょう。」

(補足:ユリシーズは作家ジョイスの代表作のタイトルである。)

[解説]

英語でも日本語でも、相手の話を理解するとは、頭の中に絵図を描くということです。

英語と日本語では、この絵図の書き方の順序が逆なのです。
それは、語順が逆だからです。

英語を聴いて読んでそのままの語順で理解するには、頭の中に絵図を描いていく時に、最初に絵の中心がハッキリ見えて、徐々に周囲が見えていくようにしていきます。

地図で言えば、家、町内、市、県、国の順です。
建物で言えば、部屋、階、下の階へ、外観全貌、基礎という具合です。

「していきます」と書きましたが、これは、意識して練習しないとできないことです。

練習の、
第一段階は、例文を何度も正しい意味の区切りをつけて音読すること。
第二段階は、頭の中に中心から広がっていく絵図を描きながら音読すること。

この練習を、慣れるまで、英文ごとに繰り返す必要があります。