4千円を10億円にする方法を知るために英語を学ぶ

日本人なら誰でも、株式投資をすることができます。しかも、アメリカの会社の株も買えます。アメリカの会社の株なら一株から買えますから、少ない資金から投資を始めることができます。(日本の株は100株まとめないといけないので、資金が50万円ほど必要です。)

ただし、株式投資は、銀行預金と異なり元本保証がないので、落ち着いてよく投資先を考える必要があります。

また、買うタイミングが一番大切です。「安くなった時に買い、高くなったら売る」のです。
自分で考え、自分の責任で売り買いするたけです。

お金持ちを妬む卑しい意見を平気で言ったり掲示板に書き込んだりする人がときどきいますが、
誰でも株式投資をして資本家になる素晴らしい道が用意されているのに、どうしたというのでしょう。卑しい意見は、己が馬鹿であることを公言しているようなものです。

1919年に公開されたコカ・コーラ社の株は、40ドル(現在の価値で540ドル)でした。これが今では、1千万ドルを超えています。

良い会社の株を安いときに買い忍耐強く売らずに保持することで世界3位の富豪になったアメリカ人のウォーレン・バフェットをじっくり研究されてはどうでしょうか。

英語を勉強すれば、より早くより深くアメリカを知ることができます。それが、お金持ちになるという幸福への片道切符を買うことなのです。

Warren Buffett Tells You How to Turn $40 Into $10 Million



このブログの人気の投稿

高校生は毎日何時間 勉強して睡眠時間はどれだけがいいか

センター英語h22 ちょっと難しい Even so と Even though の違い

長くて難しい英文例